竜湫寺

竜湫寺

竜湫寺の紹介

  • 伝統寺刹第86号(登録1973.11.3.)
  • 位置 : 慶尚南道咸陽郡安義面竜湫溪谷路 623

紹介

この寺刹は、新羅の炤知王9年(487)に覚然大師が創建した昔の長水寺と4大付属庵の中で現存する唯一の寺刹で、大韓仏教曹渓宗第12教区の海印寺の末寺です。 韓国戦争の時に焼失しましたが、1953年に安義面堂本里にある鳳凰台に別院を設け、以前の敷地への復元を推進して1959年に再建されました。

周辺の景色がすばらしい自然の中に位置しており、昔の長水寺の痕跡を秘めた慶尚南道有形文化財第54号の『徳裕山長水寺の一柱門』を始めとして多くの文化財が保存されています。長水寺は、雪坡・尚彦大師が全国の僧侶らを集めて華厳経の講義をした有名な所であると伝わっています。

竜湫寺の裏側の竜湫渓谷の上流には箕白山郡立公園と竜湫自然休養林があり、西北側の山の頂上には慶長の役の時に倭冦との血戦が繰り広げられた黄石山城(史跡第322号)があります。



Yongchusa

Yongchusa

  • Yongchusa
  • Yongchusa
  • Yongchusa
  • Yongchusa