霊源寺

Yeongwonsa

霊覚寺の紹介

  • 伝統寺刹第106号(登録2003.1.24.)
  • 位置 : 慶尚南道咸陽郡馬川面馬川三丁路 544-659

紹介

霊源寺は、咸陽郡馬川面三丁里の智異山の中腹の標高920mに位置します。正確な創建年代はわかりませんが、統一新羅時代の高僧であった霊源大師が建立したので寺の名前が霊源寺であるといいます。

一時は内智異で一番大きな寺刹であるといいました。この寺の規模は、天然スレートの禅房が9軒と100間以上の部屋があり、ここで修行する高僧が多かったといいます。

高僧たちの訪問録であるといえる祖室案録を見ると、芙蓉霊観、西山大師、青梅、四溟、志安、雪坡・常彦、包光和尚など、当代の錚々たる高僧たちが109名もここで修行したという記録があります。

霊源寺がその偉容を失ったのは、麗水反乱事件の時に反乱軍が友軍の攻撃を避けてここまで逃げてきて、寺の敷地をアジトとして建物などを作戦上全て燃やしてなくしてしまってからです。その後、1971年に再建されたと伝わります。 ここには多くの浮屠があります。願堂型の丸い石塔5基があり、台は2層の塔身がある組立型です。これらの浮屠は霊源寺の遺物であると推定され、霊巌堂塔、雪坡堂塔、中峰堂塔、清渓堂塔、碧虚堂塔、青梅塔など、有名な和尚たちが修道した所であることを立証するかのように高僧の号を付けた浮屠があります。

30冊の禪門念頌説話を書いたという亀谷覚雲大師の舎利を保存した上無住庵の筆端舎利の3層石塔が放光したという話しなどは、過去の由緒深い霊源寺の偉容を語っています。