山参自然休養林

山参自然休養林

紹介

山参と共にする健康で自然にやさしい休息空間である咸陽山参自然休養林は、白頭大幹の美しさと共に山参という特別な素材を利用して、山で感じられる最大限に健康な休養活動を提供します。また、山林を通じた国民の健康な活動を増進させ、同時に山林の資源と生態系を最大限に保存し、これを利用した郡民や近隣の大都市の人々、更には首都圏地域の休養客に斬新な観光空間を充足させます。山参休養林は、交通の便がよい中・長距離の休養コースとして近隣の都市の人々が利用することができます。1日の休養コースで、旅行客がお望みの自然の風景の鑑賞と休息、休養の機能を全て含んだ多機能的な余暇時間の活用空間となる、近代の休養パターンに適した所であるといえます。

山林を通じた健康増進

山林資源を効果的に活用して森林浴や登山などにより国民保健の向上に貢献し、山林休養に合ったレクリエーション活動を導入することにより多様な休息空間を提供します。

山林の観光保全及び生態系の毀損防止

山林内の休養活動は自然の資源がテーマとなるため、隣接及び周辺の自然資源は自然にやさしい活動を提供します。

既存施設の美観、耐久性、活用性など、自然の与件を十分に考慮・導入し、天然材料を使用します。

運営プログラムの活性化

山参自然休養林の特徴である山参を活用した体験プログラムと既存の祭りを活性化し、山参関連のプログラムの運営に必要な基礎施設を計画し、山林が提供する多様な自然の恵みを理解して、既存の休養概念の情緒的な活動と動的なものを区分して運営プログラムを活性化します。林の解説家の運営を積極的に推進し、管内の青少年を対象とした山林学校や緑色プログラムを進め、山林の機能を知らせて休養林施設及びプログラムを強化します。

余暇文化の発祥地として構築

訪問客が滞在するように図り、自然休養林の体験や教育の機会を増やすと共に、休息所の提供と余暇文化の発祥地として造成します。

利用形態の区分

訪問客の利用形態を、1日の静的休養プログラムのイベント体験型と宿泊滞在型に分けて空間の利用に不便がないようにし、山岳という特別な地形の狭い空間を効果的に活用するようにし、利用の便宜を図ります。


山参自然休養林

山参自然休養林

  • 山参自然休養林
  • 山参自然休養林